Y's Factory blog

クルマのコト、グルメのコト、教育のコト、日常の気になったコトを楽しくお伝えします

MENU

子供が自信をなくしてしまったら

Y's FactoryのYOSHIです。

がんばって勉強しても結果が伴わなく、自信をなくしてしまうことってありますよね。

f:id:YsFactory:20210728180529j:image

【子育てシリーズ 第4弾】

そんなお子様にどんなことをしてあげればいいかを解説します。

 

  1. 見えないものを具現化する
  2. とりあえず褒める
  3. 得意なコトを1つ見つける

 

見えないものを具現化する

f:id:YsFactory:20210729141545j:image

不満に思っていることを聞いてあげる。

何か必ず不満に思っていることがあるはずです。些細なコトでも構いません。「自分の食べたい夕食じゃない。」とか、「ゲームがやりたい。」とか、「カラオケに行きたい。」とか… 

不便だなぁと思うことを改善する。

「消しゴムが使いにくい。」とか、「シャープが使いにくい。」とか、「部屋が狭いとか…」

不安なことを聞いてあげる。

「今のままで、志望校に入れるのか。」とか、「コロナが怖い。」とか…

 

とにかく何でもいいので、聞いてあげて下さい。ついつい、「何をバカなコトを言ってるの?」と言いたくなることもあるかもしれませんが、そこはグッと我慢してください。否定をしては絶対ダメですよ。

とりあえず褒める

f:id:YsFactory:20210729141629j:image

先程と同じで、とにかく何でもいいので、褒めてあげて下さい。

勉強のコト、部活のコト、学校でのコト、何でもいいのです。「いやぁ、うちの子は本当に何もないんです。」なら、ゲームのコトだっていいんです。褒められて、イヤな気持ちになる人なんていませんよ。

 

得意なコトを1つ見つける

f:id:YsFactory:20210729141711j:image

これだけは何でもいいわけではなく、できれば勉強に関するコトがいいですね。最低でも、スポーツのコトにしましょう。さすがにゲームはダメです。

たとえば、「この教科だけは誰にも負けない。」とか、もう少し絞って、「この計算だけは絶対に間違えない自信がある。」とか「歴史なら任せろ!」等がいいですね。

それが積み重なっていくと、ドンドン自信がついてきます。